トイレに入ろうとしたら靴下が濡れたのでびっくりしてみてみると水漏れを起こしていました。

かなり古いトイレだったので確かに起こるかもしれないとは思ってはいたのですが、ちょっと慌ててしまい、タオルなどを床において、早く水漏れを止めないとどこが元栓だったかなど考えながらの動きになりました。

業者を呼ぼうと思ったのですが、まずは自分で調べてみることが大切だと思い、水漏れがどこから漏れているのか調べることにしました。

するとタンクではないようで、止水栓の給水のジョイントの部分から漏れているようでした。
水漏れの量はたいしたことはないのですが、ポタポタと漏れているのでまずは元栓を閉めて水漏れの被害がこれ以上広がらないようにして、濡れてしまった床を拭きました。

次に、水が漏れる部分にバケツを置いて対処しました。おそらくパッキンが原因である思ったので、モンキーのツールを作って外すとパッキンが堅くなっていて、確かに劣化していましたので、これでは漏れるなと思いました。

そしてそれを持って近くのホームセンターに行き同じサイズのパッキンを購入することができました。
そして自宅に戻り、そのパッキンを取り付けてモンキーで閉めてみて、最後に元栓を少しずつ開いてみましたが水漏れが起きませんでしたので、自分なりにうまく対処ができたのかなと思いました。

水漏れというのは突然起きるので慌ててしまうのですが、業者に頼まなくても自分で修理できたので満足しています。

 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 
 

 

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 家から水が!!. All Rights Reserved